ギャラクシー運送冥王星行き


ep1・紅茶のカップはもういらない(冒頭)

戻る← →進む


キャラクター

 ドライバー

 

物語の視点は大体彼のものである。

地球人でコーカソイドに分類される。

「ギャラクシー運送」の中でも若い。

この度船の運転手(ドライバー)として冥王星までコンテナを運送する事になった。

ドライバーと言っても彼が休む時は代わりにクルーが運転する。

ルー

 

ドライバーの相方。

地球人でモンゴロイド。ふわっとした訛り口調で喋る。

船の乗組員(クルー)としてドライバーの補助的な役割を担うが運転もするしDIYもするしアシャレットの器の埋葬もする。

機械修理や改造が趣味。

アシャレット

 

銀河観光天の川支店から派遣された冥王星人の案内嬢。

殺風景な旅に彩を添えるという名目の元、降り立った惑星や小惑星の観光名所などを案内しながら冥王星まで船員を導く。

案内の他、安全な旅の為のサポートや船員のお小遣いの管理まで担う。

仮の肉の器に入っていて冥王星人としての姿はなんかシナプスに似ている。

 

???

 

カミングスーン。


各話あらすじ

ep1 [紅茶のカップはもういらない]

 

目が覚めたら出勤時間を大幅に過ぎていた。

第4地球ターミナルにある「ギャラクシー運送」に向かうと、社長からもう一人の遅刻者と共にコンテナを冥王星まで運送するように言いつかる。

船に乗り込んだがそこにはバスガイドさんのような恰好をした女性が一人いた。

彼女は言う。

「あなた方をずっとお待ちしておりました」