GALAXY GALLERY

「ギャラクシー運送冥王星行き」の落書き置き場


コンセプトアート?
コンセプトアート?

構想を練っている最中の最初期のイメージ。

クルーが個性の無い手癖で描くおじさんになっている。

服のデザインも細かい所は決めていなかった。

アシャレットがブーツっぽいの履いてる。

ドライバーデザイン
ドライバーさん服デザイン

ドライバーさんの服デザイン。

なんか腕章みたいなのしてたけど消えましたね。


 

 

 

 

クルーおじさんのキャラクターデザインをしっかり決定。

前髪をぱっつんにしでかい黒縁眼鏡を掛けさせることによって無個性から一転個性派おじさんに。

 

 

 

 

 

 

玉兎は胸毛の質でマウンティングする。

胸毛の指通りや質感、艶等が良ければ良いほど玉兎としては良い個体である。

通常このマウンティングは玉兎同士の縄張り争いにおいて行われるが、時折人間に対しても不満など主張したい事がある時に行う。玉兎が胸を張って胸毛を見せつけてきたらなでなでして褒めてあげつつ話を聞いてあげよう。

キャストも手入れを欠かさず行っている。

 

地球にいた頃

ドライバーさんの私服

軽率なショタ化。地球にいた頃のこの2人に面識はない。

地球ドライバーさんはやんちゃだったので左の目玉を賭けで負けて失っています。義眼はちゃんと目として機能しているけどよ~~く見ると色が違うらしい。

この作品の時代は生物科学が発展した未来で赤ん坊の容姿のデザインも可能。

デザインされたグリーンアイはたくさんいるけど、ドライバーさんは天然のグリーンアイ。天然のものは数を減らした為希少なんだとか。


ショタイバーさん。その内本編にも出てくる。